FC2ブログ

記事一覧

渡辺さんジプシーさんを語る。

今回ご紹介する記事は「サッポロ」という本、というより冊子という感じの読み物からです。20cm×10cmの大きさでページ数は80ページのこじんまりしたものですが、内容はすごくレアで私にとってはお宝です。巻頭ページが渡辺さんのインタビューで、開園したての釧路市動物園の様子やご苦労、アフリカ旅行等について話されています。その中で、名前こそ出していませんが、ジプシーさんと思われるオランウータンについて語られているの...

続きを読む

世界絵画大賞展2020

皆様、こんにちは。このたび、「第16回 世界絵画大賞展」に入選しました。作品展覧会が開催されますのでお知らせ致します。☆入選作品展覧会☆会期:2020年 8月23日 (日) ~ 30日 (日)■ 会場:東京都美術館 2F 第4展示室なお、コロナ禍の影響により東京都美術館が再度閉館になる可能性もあります。お手数おかけしますが、都度、展覧会状況のご確認をお願い致します。確認方法↓①東京都美術館のHP東京都美術館HP②8月19日(水)の「...

続きを読む

渡辺 徳介さんの論文

今回は釧路市動物園の話なので、巻頭の絵をひなちゃんにすべく創作していたのですが、思いのほか時間がかかってしまいブログの更新が遅くなりました。。。今回は渡辺さんの小論文をご紹介します。ネットで閲覧できますのでぜひどうぞ。北海道の自然 第23号 「野生々物管理と近代動物園の役割」釧路市動物園開園8年目の原稿で(1975年開園)、当時の釧路市動物園の野生生物の保護活動や、林間学校や小中学生の飼育実習教室の様子、ま...

続きを読む

渡辺徳介さんと禅

渡辺 徳介さんのことを検索し始めて最初に目に留まったのは「禅に学ぶ人生-咲かせよう心の花を」という本だった。著者は酒井 大岳さん。曹洞宗のお坊さんである。明らかに仏教の本・・・本当に渡辺さんのことが載っているのか?と思いつつ、試し読み後、電子版で購入した。本は随筆集で、渡辺さんが登場する作品タイトルは「地を踏む」。著者酒井さんはある年の夏、釧路市内のお寺へ講演に出向いた。その同じ会場で当時釧路市動物...

続きを読む

渡辺 徳介さんとジプシーさん

渡辺 徳介さん(故人)は獣医師で、多摩動物公園で最初にジプシーさんの飼育を担当された方です。そして後に、釧路市動物園の初代園長になられました。この事実を知った時、私は頬が紅潮するほどワクワクしたことを覚えています。というのも、私の作品の2本柱は「釧路市動物園」と「オランウータン」。この二つが一人の人物でつながったことに不思議な因縁を感じずにはいられなかったのです。「渡辺さんてどんな人だったんだろう。...

続きを読む